お尻の黒ずみにヒルドイドクリームはおすすめできません

ヒルロイドローション

おしりの黒ずみにヒルドイドクリームはおすすめできません

ヒルドイド入りの薬用保湿クリームは、皮膚科で処方されることが多い保湿用クリームです。

この保湿クリームが、モデルや芸能人の間で黒ずみ対策になる話題となっていることもあって、ヒルドイドに関心を持つ人が多いようです。

でも、ヒルドイドクリームには、メラニンができるのを抑える作用や、メラニンを薄くする作用といった「美白成分」が含まれていません。

それに、ヒルドイドを自己判断で、おしりなどデリケートゾーンの黒ずみに使用すると、赤みやかゆみの副作用がおきる恐れがあります。

お尻などデリケートゾーンの黒ずみ改善にオススメなのは黒ずみ専用クリームです。

黒ずみ専用クリームはここが違う

黒ずみ専用クリームには、黒ずみ改善に必要な2つの保湿と美白成分が含まれています。

保湿成分はターンオーバーを促進して黒ずみを剥がれ落ちやすくします。

美白成分は色素沈着を薄くします。

デリケートゾーンの黒ずみを解消には美白成分と保湿成分がカギになります。

この2つの成分がしっかりと入っているものを選びましょう。

 

黒ずみ専用クリームでおすすめなのがイビサクリームです。

イビサクリームには厚生労働省が認めた美白有効成分「トラネキサム酸」が配合されています。

トラネキサム酸は、最近注目されている成分で、メラニンを作る働きを抑える効果があります。

美白成分としてこの他に、NEW!独自成分VIOホワイトナノ3®が配合されています。

保湿サポート成分には、ウメ果実エキス、大豆エキス、さくら抽出液などの成分がたっぷりはいっていて、使っていると内側から潤って透明感がでてきます。

そしてもう一つの厚生労働省が認めた有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」がニキビのケアをしてくれます。

お尻専用クリームですが、お尻以外の気になる部位にも使用できます。
太ももやVライン、ワキ、バストトップ、ひじ、ひざ、顔などに使っているかたも多いんです。

このイビサクリームは、朝晩2回のケアで、約1ヶ月ほど使えます。

 

もっと早く使えばよかったと思う前に

おしりの黒ずみのケアには、専用クリームを使いましょう。

イビサクリームなら黒ずみだけでなくニキビのケアもできます。

おしりに自信ができると脱衣所や温泉・スパなどで周りの視線が気になくなります。

⇒ イビサクリームを試してみる

イビサクリームはこんなクリーム

原材料名
<有効成分>
トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム

<その他の成分>
BG、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ポリアクリルアミド、メチルフェニルポリシロキサン、軽質流動イソパラフィン、POE(7)ラウリルエーテル、党参抽出物加水分解液、油溶性甘草エキス(2)、ローズ水、ウメ果実エキス、大豆エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、アルピニアカツマダイ種子エキス、サクラ葉抽出液、カモミラエキス-1、水添大豆リン脂質、オウゴンエキス、乳酸Na液、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、フェノキシエタノール

⇒ イビサクリームの公式サイトはこちら

 

投稿日:

Copyright© おしりの黒ずみにヒルドイドは効果ある? , 2021 All Rights Reserved.