CLOVER Bootloaderの作成

グルメ
広告

今回、CLOVER Bootloader を作る目的は、第4世代のcore i3 4330 を使用しているマシンのSSDをM.2 NVMe に置き換えて、高速マシンに改造するためです。

この変更で、使用中のWindows 10をサポート期限ギリギリまで引っぱるつもりでした。
しかし、現行のハード構成のまま。簡単にWindos 11 に移行できることがわかったので、Windows 10 ⇒ Windows 11 移行まで行えました。

CLOVER Bootloaderの作成手順は、次のようになります。
1. GitHubからCloverBootloaderをダウンロード
2. Rufus でUSBメモリーに書き込み
3. NVMe のドライバをUSBメモリーに組み込み

広告

UEFIおよびレガシーモードのmacOS、Windows、Linux用ブートローダー

URL: https://github.com/CloverHackyColor/CloverBootloader

上記のURLをクリックすると左のサイトに行きます。
右サイドの「Release」をクリックしてダウンロードします。
Release 5157 は2024-1-29 時点の最新ファイルです。

画像をクリックすると拡大します。

iso ファイルをクリックするとダウンロードが始まります。
ダウンロードしたファイルを解凍したら、UDSBメモリーに買い込みます。

解凍してできたClover-5157-X64.iso ファイルをUSBメモリーに書き込むのは、Rufus を使います。

Rufusを使うと起動可能なUSBドライブを簡単に作成できます

Rufus はブート可能なISOイメージファイルをもとにブータブルUSBメモリを簡単に作成できるソフトです。

こんなときに便利です
1. 起動可能なISOファイル(Windows、Linux、UEFIなど)からUSBインストールメディアを作成するとき。
2. OSがインストールされていないシステムを使うとき。
3. BIOSや他のDOSファームウェアを更新するとき。

ダウンロードは次のサイトから
URL: https://rufus.ie/ja/

Rufus はブート可能なISOイメージファイルをもとにブータブルUSBメモリを簡単に作成できるソフトです。

こんなときに便利です
1. 起動可能なISOファイル(Windows、Linux、UEFIなど)からUSBインストールメディアを作成するとき。
2. OSがインストールされていないシステムを使うとき。
3. BIOSや他のDOSファームウェアを更新するとき。

ダウンロードは次のサイトから
URL: https://rufus.ie/ja/

広告

PCIExpress上のNVMe を認識させるドライバを組み込む

NVMe をドライバを組み込む

MVMe のドライバの組み込みは、「NvmExpressDxe.efi」というファイルを、USBメモリの中に移動させることで行います。
「NvmExpressDxe.efi」は次の場所にあります。
「EFI」⇒「CLOVER」⇒「drivers」⇒「off」

「NvmExpressDxe.efi」をCtrl + C で
コピーします。

NVMe をドライバを組み込む2

USBメモリ中の別のディレクトリへ移動して、貼り付けます。

「NvmExpressDxe.efi」を貼り付けるディレクトリは次の場所です。
「EFI」⇒「CLOVER」⇒「drivers」⇒「UEFI」

ここに「NvmExpressDxe.efi」をCtrl + V で
貼り付けます。
以上で終わりです。

CLOVER Bootloader でEUFIを起動させる

作成した CLOVER Bootloader の USB メモリから起動させると、CLOVER Bootloader が UEFI として NVMe をブートドライブとして認識します。これにより OS 起動させることができます。

起動の手順

1. USBメモリをUSB 端子に差し込んで、PCの電源を入れます。
2. 直ちに、F2キー、Del キーなどを押してBIOS(UEFI)を表示させます。
3. BOOTタブを選択して、起動ドライブ順序1位にUEFI USB を設定します。
4. 順調に立ち上がれば、下図のような画面が表示されます。このまま何もしなければ、一番左のOSが立ち上がります。

広告

まとめ

この記事では、自身の備忘録として「CLOVER Bootloaderの作成」に絞って記述しました。

実際には、M.2 MNVe 1TB にクローンを作成してSSDの換装を行い、そのあと、Windows 10 ⇒ Windows 11 への移行を行いました。

10年前のマザーボードを使用しているので、問題点として、

1.PCI 上のM.2 MNVe SSD を認識してくれません。

2.ディスクパーティションのスタイルがMBR 形式なのに対して、 UEFI ではGPT 形式である必要があります。このためツールを使ってMBRからUEFIに変換をする必要があります。

広告